• お問合せ
  • メールお問合せ
  • contents
  • トップページ
  • 会社案内
  • 業務内容・工法
  • コンセプトモデル・木楽
  • 施工事例集
  • 耐震診断補強
  • 工事の流れ
  • おすすめ通販
  • メーカーリンク
『京都ウッドマイレージ住宅』とは

環境・地域貢献と性能・品質が証明できる地産地消の家づくり
■主要構造材・羽柄材は、100%京都府産材使用(ウッドマイレージ表示)
■主要構造材は、自主品質検査を実施
地域伝統工芸品(清水焼・黒谷和紙・北山丸太・京竹など)を採用
工場プレカット率向上による端材リサイクルや施工中に発生する産廃・騒音の低減
■建設着工時に雨水タンク設置(現場の水撒きや中水として利用)
■現場施工で発生する端材(木材・石膏ボード・梱包・紙など)の分別整理とリサイクル
自主景観ガイドラインによる周辺環境・街並みとの調和を図る家づくり
自主景観ガイドラインを策定。外観の素材や色・道路からの景観配慮・周辺街並みとの調和などの自主制限を実施(行政に景観措置が決められている場合はそれを優先します)
日射・猛暑への対策を施した快適な室内環境を実現する家づくり
■京都府は年間猛暑日数、日本一。夏場の日射遮蔽措置として外部に遮熱シート開口部は複層LOW-Eガラスを使用(必要に応じて適切な日射遮蔽措置を実施)
■湿気対策として、室内の物入れ床に調湿機能の高い京竹炭を設置
施主様へ環境配慮の生活を提案・啓蒙できる家づくり
■京都府産材証明とウッドマイレージを解りやすく見える化する(グループ独自の『木の履歴書』作成)
■生活消費エネルギーの見える化(HEMS設備を設置
風のシュミレーションによる通風設計(冷房に頼り過ぎない生活提案)
雨水利用のできるタンク設置(夏季の打ち水・緑のカーテン等への利用)
■森や林業に対する勉強会や森林・製材・加工等の見学会(京都府立林業大学校・公益社団法人京都モデルフォレスト協会等と連携)
その他
■設計・施工・部材・流通の合理化・効率化・価格低減(プレカット率向上・共通ディテール・共通部材化)
■積算内容の内訳がはっきりわかる見積共通項目を定めて使用
■施主様向け相談窓口開設
■不測事態(事業者の廃業・自然災害時等)の対応と事業者相互のサポート体制の構築
■維持管理の実効性を図る履歴蓄積更新と情報発信の仕組み(WEB管理)
■10年毎の定期点検時に耐震診断を行い、診断書を発行する。また、状況によって補強提案を行う
■第三者機関との連携による共通ルールの適合認証